結婚と転職のどちらを優先するか

看護師として仕事をしていると激務に苛まれることはよくありますが、独身のうちには今のうちに頑張ろうと前向きになれるのが一般的でしょう。しかし、これから結婚するという段階になると激務を続けていくのは難しいという自覚を持つようになります。そのときに転職を考える場合が多くなっていますが、どちらを先にすべきかで悩むことは珍しくありません。この問題を解決するための考え方として、何を優先したいかをまず考えましょう。転職を先にしようと考えると、結婚を遅らせなければならないリスクがあります。特に相手に内緒でとりあえず転職しようという場合には一人きりで行わなければなりません。そして、転職に成功したものの、実際に一緒に生活を始めてみたら適している待遇の職場ではなくてもう一度転職しなければならないという状況に陥るリスクがあります。

一方、転職を後回しにすると考えるとまずは夫婦で暮らし始めることができ、それに合わせて職場を選べば良い状況ができるのです。しかし、引っ越しをして新しい生活を営み始めながら、転職先を探さなければならないという多忙な日々を過ごす必要が生じるでしょう。同居生活を始めてから当面は遠距離の通勤をしなければならなくなるリスクもあります。この二つの状況を天秤にかけなければならないのです。

結婚と転職のどちらを優先しても多少のリスクは考えられます。しかし、転職を後に回すとその後の生活の計画も立てやすいというメリットもあるため、看護師として働き続けやすく、転職を急がない方が賢明なことが多いでしょう。リスクの少ない生活の計画を立てるためにも、まずは結婚後の働き方についてきちんと考えておかなければなりません。結婚している上司や先輩の経験談を聞いたり、インターネットを利用して自分で調べるのも良い方法です。職場にプライベートな話を持ち込むことが苦手な人は、こちらの気になる!看護師の結婚事情をチェックしてみると良いでしょう。